日本国際生活体験協会(EIL)日本国際生活体験協会(EIL)

前へ
次へ

NEWS

2021.09.14
アメリカ大使留学奨学金プログラム
募集要項が一部変更されました。
詳細はこちらをご覧ください。
2021.08.26
アメリカ大使留学奨学金プログラム
在沖縄米国領事館の主催により、沖縄県の高校生のアメリカへの交換留学支援事業(2022年夏出発)として、「アメリカ大使留学奨学金プログラム」を実施します。
詳細はこちらをご覧ください。
2021.08.20
岩手県、宮城県、福島県内の高校生および中学校3年生を対象とし、完全オンラインで実施される「第10回TOMODACHI・MUFG国際交流プログラム」の募集が始まりました(お問い合わせはリンク先の公益財団法人米日カウンシルージャパン TOMODACHIイニシアチブのメールアドレスあてにお願いします)。
2021.06.04
EILが委託を受けている、熊本県内の高校生をアメリカに派遣するAppleseed奨学金。主催の一般財団法人くまもと未来創造基金では寄付を募集しています。ご案内はこちらをご確認ください。


説明会のお知らせ プログラムの概要のご案内に加え、実際にプログラムに参加したOB・OGがその体験を直接お伝えします。
留学について理解を深める機会として是非ご活用ください。

人数に限りがございますので、下記フォームから必ずご予約下さい。
  • 東京
    2021年12月12日(日)

    会 場=四谷スポーツスクエア
    説明会=13:00~15:00

  • 名古屋
    2021年12月12日(日)

    会 場=名古屋国際センター
    説明会=13:00~15:00

  • 大阪
    2021年12月12日(日)

    会 場=アネックスパル法円坂
    説明会=13:00~15:00

  • オンライン説明会
    実施方法=ZOOM
    2021年12月19日(日)

    説明会=14:00~15:00

    2022年1月16日(日)

    説明会=14:00~15:00


アメリカ大使留学奨学金プログラム

在沖縄米国領事館は、沖縄県の高校生のアメリカへの交換留学支援事業(2022年夏出発)を実施します。
本事業では、参加費用の掛からない形で、沖縄県内の高校生を1学年間アメリカに交換留学生として派遣することにより、広く海外に視野を向け、将来的にグローバルに活躍する人材となることを支援するものです。

応募を希望する方は、以下から募集要項および各種応募書類様式をご確認ください。

募集要項の内容が一部変更されました。応募資格の、「日本国籍のみを有していること」という条件の補足について、下記の通り変更となります。(9月14日)

【変更前】
特に、①アメリカで出生している場合 ②父母がアメリカの国籍を有している場合は、アメリカの国籍(市民権)を所持しているため、出願できない。
【変更後】
特に、①アメリカで出生している場合は必ず、②父母がアメリカの国籍を有している場合は、高い確率でアメリカの市民権を所持している。②に該当する場合は、本人がアメリカの市民権を有していないことが確認できない場合は出願できない。



高校生交換留学とは

中学生・高校生向け交換留学とは、その名の通り留学生を日本から海外へ、海外から日本へ交換するプログラムです。EILの考える交換留学は、前述の人物交流に加え、文化交流の意味合いが含まれています。
そのため、留学生は文化交流の架け橋となるべく、留学先の地域の人々と積極的に交流を持ち、互いの理解を深め、異文化の中での生活に前向きに取り組む姿勢が第一に求められます。


留学までのステップ

Step.2

選考試験

Step.3

留学準備



プログラム体験談

体験談
ページのトップへ戻る