公益社団法人 日本国際生活体験(EIL)

資料請求・お問い合わせ
学校関係者の皆様へ 海外の皆様へ

オーストラリアSLAPプログラム

選べる参加期間(2ヵ月〜最長10ヵ月)で
オーストラリアで日本語アシスタント教師!

プログラムの概要

オーストラリアの現地の一般家庭でのホームステイをしながら、現地の小・中・高校での日本語授業の教師アシスタントを行うプログラムです。

参加期間:2ヶ月〜最長10か月間

応募要項

  • 20〜30歳
  • 大学在学中もしくは過去12ヶ月以内に卒業していること
  • 中級レベルの英語力(IELTSスコア5.5、英検2級程度以上が目安)を有し、クラスや職場でのコミュニケーションに不自由しないこと

派遣期間について

派遣校のスケジュールに合わせて組まれます。
  • 1学期(ターム1):1月下旬〜3月下旬
  • 2学期(ターム2):4月中旬〜6月下旬
  • 3学期(ターム3):7月中旬〜9月下旬
  • 4学期(ターム4):10月中旬〜12月中旬
1タームだけの参加も可能ですし、2ターム以上の参加も可能です。
ただし、ターム4が終わる12月中旬にてプログラムは終了となるため、4ターム参加したい場合はターム1からの開始となります。

以下の図を参照してください。
SLAPスケジュール・学期

応募から出発までの流れ

  1. EILへ資料送付を申込(希望参加月の3か月前締切)
  2. 内容を確認の上、応募用紙および英語能力証明書をEILに郵送
     (英語能力証明書がない場合はEILにて英語テストを受験)
  3. 書類選考結果のご連絡、通過の場合は選考インタビューの実施
  4. 合否通知
  5. 参加申込書および現地に提出する英文書類(※1)の提出、参加費用ご入金
  6. 現地団体にて学校およびホストファミリーの手配開始
  7. ビザ申請(→申請後、取得に1、2ヶ月要す場合あり)
  8. 派遣校および滞在先(ホームステイ先)決定
  9. 現地到着、準備研修

現地に提出する英文書類一覧

1.推薦状

大学の教員等、あなたをよく知る人に作成してもらってください。

2.プログラム規則同意書

所定の書式あり。

3.希望滞在地域記入表

所定の書式あり。

4.フォトコラージュ

下記のような5~10枚の写真を用いて、自由に作成してください。
・好きなスポーツや活動、趣味などを楽しんでいるもの
・家族や友達と写っているもの

5.ホストファミリー及びホストスクールへの手紙

形式自由。A4程度で、これからお世話になるホストファミリーおよびホストスクールに向けて 手紙を書きましょう。

6.履歴書

所定の書式あり。

7.写真

1枚 ※パスポートサイズ(縦45mm×横35mm)で笑顔のもの

8.健康診断書

病院で英文で作成してもらってください。

9.無犯罪証明書

※住民票のおかれている地域の警察署のみで申請が可能です。
※申請から発行まで2週間程度かかりますので、お早目にご準備ください。

【申請に必要なもの】
1.パスポート(有効期限内のもの、コピー不可)
2.次のうち、いずれか1通
 ・住民票(発行から6か月以内のもの)
 ・官公庁から発行され、氏名、住所が記載されたもの(例:自動車運転免許証)
 ・住民基本台帳カード(氏名、住所等が記載されているもの)
3.EILより送付される「受入証明書」

10.最新の成績証明書

高校もしくは大学のもので、英文で作成されたもの。

費用

1学期間 ¥284,500
2学期間 ¥320,050
3学期間 ¥353,350
4学期間 ¥383,950

参加費用に含まれるもの

  • 現地の学校へのインターンシップ手配費
  • ホームステイでの滞在費と食費
  • 現地最寄空港から滞在地までの送迎
  • 日本および現地での留学団体によるサポート費
  • ビザ書類および各種書類の準備サポート費
  • WEP(現地団体)による緊急対応
  • 現地での緊急時における24時間対応

参加費用に含まれないもの

  • 航空運賃
  • 予防接種やビザ取得費用
  • 海外旅行保険
  • 現地での学校への往復交通費

Q&A

Q1.派遣される州を選ぶことは可能ですか?
A1.派遣州を選ぶことはできません。

Q2.大学の休みの時期に合わせて参加をしたいのですが、出発日を選ぶことはできますか?
A2.現地での派遣校のスケジュールに合せて渡航をしてもらいます。
   オーストラリアは州によって学校の開始日が異なります。
   州ごとのスケジュールはオーストラリアの政府のホームページで確認がきますので
   参照してください。
   ※Q1でも回答している通り、派遣州を選ぶことはできませんのでご注意ください。

Q3.現地に渡航後、プログラム期間を延長することは可能ですか?
A3.ビザの都合上、残念ながら延長はできません。

Q4.英検2級は取得していますが、証明書をなくしてしまいました。
A4.証明書が手元にない場合は、EILにて英語応用力テストを受験できます。
   東京、神戸、沖縄にて受験が可能です。

Q5.ビザの種類はどうなりますか?
A5.ワーキングホリデービザか、特別ビザ(subclass 408visa)で渡航となります。
   3ターム以上の派遣の場合、ワーキングホリデービザだと、半年しか同じ場所で働けないため、
   特別ビザでの渡航をお勧めします。
   特別ビザであっても、現地の状況よって、派遣校・地域が派遣期間中に変更となる場合があります。

Q6.ホストファミリーは派遣期間を通して同一となりますか?
A6.現地の状況に応じて異なります。基本的に派遣される学校の生徒の家庭でホームステイを
   することになります。受入を希望する家庭数および、各家庭の状況に応じて異なります。
   1タームで1ファミリーであることが多いですが、1ターム間に2ファミリー以上に滞在
   する場合もあります。


資料請求・お問い合わせ